りこん3.jpg

目次

1・私の妹の離婚をきっかけに・・・

2・離婚するからには勝たなければなりません

3・「必ず勝てる離婚マニュアル!貴方の味方です!」

4・離婚に関する様々なマニュアルを比較してみました

5・養育費の現状

6・私からあなたへのメッセージです

7・離婚に関する無料冊子のご案内



用語集と対応地域

日本の離婚の9割が夫婦それぞれが話し合い離婚をする「協議離婚」です。

日本では協議離婚は夫婦が合意すれば離婚届をだせば終わりです。
手軽で費用もかからず、プライバシーも守れるという利点があります。

「調停離婚」は時間がかかり家庭裁判所へ行かなければなりません。
しかしお金に関する取り決めがある場合、面倒がらずに調停を申し立てて離婚することを私はオススメします。調停というカタチで離婚が成立すると「調停調書」が作られ、記載された合意事項には、訴訟による判決と同等の効力があるのです。もしどちらかがこれに従わなければ、強制執行力が及びます。

「協議離婚」で取り決めた合意事項を「強制執行認諾約款付き公正証書」にするには、公証人役場において数万円の費用がかかるが、「調停離婚」なら数千円で済みます。以前は協議でどうしても話がまとまらない場合、調停に持ち込まれる、というパターンだったのが現在では調停のメリットをあえて利用する人が増えているようです。



対応地域
このテキストは東京・名古屋・大阪・福岡等の主要都市はもちろん
北は北海道、南は沖縄まで全国各地の案件に対応しております。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。